初対面でセックスにこぎつける方法とは/セフレ・不倫出会い方サーチ!

セフレ・不倫出会い方サーチ!−メールからセックスまで サイトマップ

セフレや不倫目的で出会えば当然セックスを早めに楽しみたいもの。初対面でセックスまでいけるコツとは?

セフレ探しの定番!優良サイトTOP3

初対面でセックスにこぎつける方法とは

初対面でセックスまでこぎつけることは、多くの男の夢。メールの段階からしっかり相手との意思疎通をはかって、初日から楽しいセックスデイを過ごしましょう。

セックスについて事前に話し合っておく

もちろんいきなり会う日を指定してみたりセックスしましょうなんて直接的なメールを送ってみたりすれば、相手に警戒されてメールすらできずに終わります。ただ、それを怖がりすぎて会う直前になってもセックスについての話をしない、というのはNGです。

ほとんどの出会い系サイトでは、自分の名前や出会い参加の目的などを記すプロフィール機能があります。日本人は特に、直接的な表現を避ける書き方を好みます。例えばセフレが欲しいときに「大人の関係を希望しています」だとか、不倫相手を探しているときに「学生時代のような、甘い恋愛がしたいです」など、オブラートに包んで表現するのです。

一見奥ゆかしく美しい表現にも見えますが、後々お互いの解釈の違いなどから不満の残る出会いになってしまうこともあります。例えプロフに既婚者と書いてあっても、話し相手が欲しいのか、恋人が欲しいのか、それとも体の関係までいきたいのか…人によって様々です。

なのである程度親しくなってきたら「会う日は夜までいられるのかな?」「勝負下着をはいていこうかな(笑)」など、冗談交じりでもいいので、会う日にどこまで進んでいいのかという話し合いをしておきましょう。

とにかくメールの数が大事

出会い系ではメールの数や期間が大事、という意見はよく聞きますが、これは女性側からの意見です。男性は極端な話、メールしなくても会ってくれさえすれば抱きますよ、なんて人も多いのではないでしょうか。

元々女性は男性より力がなく危険な目にあう確率が高いため、相手選びに慎重にならなければなりません。だから女性が即会い即エッチできないのは無理もないこと。しかし本当は女性だけでなく男性にとっても、たくさんメールをするメリットがあります。

本当に単純なことですが、女性は心配がゆえにメールをしたがっているのだから、メールに付き合ってあげれば出会える確率も初日にセックスできる確率も上がります。女性は男性について信頼できますし、男性は女性と会うことができる。メールをたくさんしたほうがお互いにとって大きなメリットとなるのです。

メールを面倒だと思っていると、人が寄ってきません。初めて知り合い初めて出会う者同士ということを忘れてはいけません。必要最低限のコミュニケーションというものがあり、出会い系サイトではそれがメールなのです。

初日は食事で親密度アップ

これまで何度も「信頼・親密」という言葉を使ってきましたが、知らない者同士が会ったりセックスをしたりするには、それなりに相手を見極める必要があります。自分に合わない、あるいは性格のおかしな人と一線を越えてからでは後戻りできないことだってあるからです。

と、そんなにお堅いことばかり言っていても楽しくありませんね。要は初デートな気分で楽しく過ごせたらそれが一番良いわけですから、最初は一般的なデートと同じく食事から始めてみることをおすすめします。

食事は人間の多くが楽しいと感じる行為。ただ喫茶店でコーヒー一杯、お茶を飲みながら何を話そう…とギクシャクするよりも、食事を頼みテーブルが華やかになっているほうが話も広がりやすいです。

食事の時間帯ちょっと前、昼ならば11時や12時、夜ならば18時や19時に待ち合わせをするのがベスト。親密になったその流れでホテルイン…という例も少なくありません。

最初に食事を設定しておけば、もし相手を見てイメージと違ったな…というときも安心。食事後予定ができた、といって退散できるので、食事は人を見る上でとても便利なツールです。

クレジットカード規約