セフレとの待ち合わせは夜に/セフレ・不倫出会い方サーチ!

セフレ・不倫出会い方サーチ!−メールからセックスまで サイトマップ

セフレ候補と出会えたからといって、その日ホテルインできるかどうかは自分の腕次第。成功させるためには待ち合わせを夜にすることから?

セフレ探しの定番!優良サイトTOP3

セフレとの待ち合わせは夜に

セフレは気楽な関係であることがほとんど。セックスしたい相手かそうでないかは会ったときの気分で変わったりします。出会いを無駄にせず確実にセックスまでこぎつけるためには、まず夜の待ち合わせから。

夜はヤル気分にさせやすい

セフレは不倫とは少し違い、恋愛が絡んでいない場合も多いです。もちろん友達以上恋人未満、なんていう甘酸っぱいセフレ関係もありますが、そのほとんどは元からの知り合いだった場合。特に出会いが出会い系サイトなどのネットだった場合、手軽に性欲だけ、欲求だけ満たせればという男女がほとんどです。

だからセフレと会う約束をする以上、セックスができない状況はどうしても避けたいものです。こう言っては大げさかもしれませんが、夜という時間帯には昼とは違ういくつかの魔法が掛けられています。

例えば夜に外食をする場合、必ずといっていいほどお酒がついてまわります。居酒屋でもバーでも想像してもらうと分かるように、店内は薄暗くなっています。薄暗さと酔いは、適度に人の警戒心を解いてくれます。

更に、昼とは違い就寝までの時間がないため、この後何か予定を入れているなんて人は少ないです。そんないくつかの要因が、相手をセックスしてもいいかな、という気持ちにさせやすいのです。

あえて泊まる準備はしない

二人の関係に慣れてきて、帰るのが面倒だから泊まっていこうというだけなら、泊まってもいいと思います。しかし初めの頃からドキドキして期待して、泊まっていく?なんてことはしないほうがいいです。

最初から泊まることに慣れてしまうと、出費が増えてしまいますし、何よりもセフレ以上の関係を求められる可能性が高くなります。もちろんあなたがそれを望んでいるならアリかもしれませんが、それでもこちらだけが期待してあちらは何も思っていない、となると精神的なダメージも大きいでしょう。

大人であれば男女が夜に出会うなら、もしかしたら…という想像ができると思います。だからこそあえて泊まる準備をせずスマートに帰宅することで、相手に次はどうなんだろう?と期待させることができたり、物足りなさを感じてもらうことができます。

相手に自分の存在を適度に思い出してもらうことが、表面上だけでない心からのセックスを楽しむポイントです。

ラブホテルの節約術

調べていると最近のラブホテルはすごいな、と関心してしまうほど設備が充実しています。だだっ広いベッドと寒々しい風呂があるだけのイメージはどこへやら、大きなスクリーンにDVD機能、ゲームに美顔器マッサージ器。どこぞの五つ星ホテルにも負けず劣らずの豪華な最新設備が整っています。

特別高級なラブホテルだけの設備ではなく、一般的なランクのラブホテルにも付いているというのが驚きの部分です。しかしこれがラブホテルの価格を上げている要因でもあります。

1回の宿泊や休憩で、これらを全部使い切れると思いますか?全部必要でしょうか?少し考えてみると、削ってもいい機能も多いはず。事前にホテルに付いている機能を調べて、もし設備が充実している分値段が高くなっていると感じたら、比較的シンプルで安めのホテルを選ぶなどの工夫が必要です。

そしてもう一つは立地。どうしても中心部のホテルは一段階値段が高いので、一駅分程度離れたラブホ街まで徒歩デートするのもいいんじゃないでしょうか。

クレジットカード規約